大間町議会大間原発対策特別委員会(原特委)が6日、開かれた。電源開発(Jパワー)が津軽海峡に敷設した送電線の海底ケーブルから油が漏えいしたとみられる問題について、楠瀬昌作・大間現地本部長は「大間原発とは直接関係のない事案だが」と前置きした上で「多大なるご心配、ご迷惑をお掛けしていることについて、この場を借りて心よりおわび申し上げる」と述べ、謝罪した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)