津軽藩ねぷた園内の揚亀園で約千株の先陣を切って、かれんに花開いたフクジュソウ

 青森県弘前市亀甲町の観光施設「津軽藩ねぷた村」にある国登録記念物の大石武学流日本庭園「揚亀(ようき)園」で6日、約1千株のフクジュソウの最初の一輪が温かな陽光を浴びて花開いた。周辺のつぼみも、雪解け水の滴る音に囲まれながら膨らみを増し、今にも開花しようとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)