今年の全日本大学選手権団体で女子優勝、男子準優勝を果たした青森中央学院大ボウリング部。少数精鋭ながら実力は折り紙つきだ
男女同時優勝を目指し、ウエートトレーニングを含め週5日は練習に励む青中大ボウリング部=11月下旬、青森市のアオモリボウル

 国内の大学ボウリング界で青森中央学院大学(青森市)が強い存在感を放っている。2009年創部とまだ歴史は浅いが、全日本大学選手権で近年、男女とも常に優勝候補の一角を占め続けている。今年の選手権でも女子が優勝、男子は準優勝した。一度も成し遂げていない選手権での男女同時優勝を目指し、部員たちは日々練習に打ち込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。