八戸工業大縄文デザインプロジェクトチームの渡辺さん(中)と最上さん(右)、担当の東方講師

 八戸圏域連携中枢都市圏の助成金を活用し、まちづくり活動に取り組んだ大学生や高校生が成果を発表する「学生&高校生まちづくりコンペティション」で、八戸工業大縄文デザインプロジェクトチームが最高賞の市長賞に選ばれた。是川遺跡(同市)の縄文文化について、デザイン面から注目し、グッズを開発してワークショップを開催。活動の完成度の高さが評価された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)