安倍晋三首相は2日の参院本会議で「桜を見る会」前日に首相後援会が開いた夕食会について、首相自身や昭恵夫人らの会費支払いはなかったと明らかにした。「妻と共にゲストとして参加してあいさつし、参加者との写真撮影に応じた後すぐ会場を後にした」と強調。安倍事務所などの職員も含めて会場で飲食していないと説明した。

 事務所や後援会の職員については「写真撮影や集金などを行ったのみだ」と主張。夕食会に要した経費を示す明細書に関し、社民党の吉田忠智氏が「ないというなら再発行してもらうべきではないか」と問うと、ホテル側の意向を理由に応じなかった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む