ランタンフェスティバル会場に展示した小型の扇ねぷた。観光客が大勢詰め掛け熱気に包まれた
林佳龍・台中市長(左から3人目)と並び「青森県、平川市にぜひ来てほしい」とPRする平川市の長尾市長(同2人目)

 青森県平川市の長尾忠行市長らは2月下旬の3日間、台湾・台中市を訪れ、同市の大規模イベント「ランタンフェスティバル」に参加した。会場では平川市が制作、輸送した小型の扇ねぷたが披露され、大勢の観光客が青森県独自の文化に親しんだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)