山端さん(右から2人目)が作成した「こぎん文献絵巻」を見ながらこぎんの歴史を学ぶ参加者=4日、東京・浅草
古作こぎんを撮影したり手で触れてみる参加者

 首都圏などのこぎん刺し作家や愛好者が集まり、こぎんの歴史や伝統的な図柄を学ぶ「古作(こさく)こぎん研究会」が4日、東京・浅草のアミューズミュージアムで開かれた。明治20年代後半までに津軽地方で作られた貴重な「古作こぎん」の着物も展示され、参加者は実際に触ったり写真に撮ったりしながら、先人が生み出したこぎんの奥深い魅力に触れていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)