「仰げば尊し」を斉唱する五所川原市立高等看護学院の卒業生

 五所川原市立高等看護学院(高杉滝夫学院長)は3日、市中央公民館で卒業証書授与式を行った。看護師を目指し仕事と勉学を両立させてきた25人が、晴れやかな笑顔で旅立った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)