将棋の佐藤天彦名人への挑戦権を競う第76期A級順位戦は2日、静岡市の浮月楼で11回戦(最終戦)全5局が一斉に指された。青森県弘前市出身の行方(なめかた)尚史(ひさし)八段(44)は、稲葉陽(あきら)八段に敗れて3勝7敗となり、一つ下のB級1組に降級となった。名人への挑戦権は、6人が6勝4敗で首位に並び、史上最多の6人がプレーオフで争う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)