東北電力青森支店の齋藤光春支店長は29日、青森市内で開いた会見で、東通原発1号機(東通村)の安全審査について地震・津波分野の説明を「年内をめどに一通り終える」としていたスケジュールに関し「大変厳しいと認識している」とした上で、日程を堅持する考えをあらためて示した。27日には東北電力女川原発2号機(宮城県)が審査に事実上「合格」したが「女川原発の知見を東通原発に活用することが、効率的な審査の進捗(しんちょく)につながるのでは」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)