レスリングのアジア選手権は2月28日、キルギスのビシケクで行われ、男子グレコローマンスタイル60キロ級の太田忍(ALSOK)=青森県五戸町出身=が決勝で北朝鮮選手を下して優勝した。同67キロ級の下山田培(警視庁)は準優勝、同72キロ級の井上智裕(富士工業)は3位だった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)