安全審査への対応について説明する増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は28日、六ケ所再処理工場の安全審査に関し、新規制基準の条文ごとに対応状況をまとめた「整理資料」を年内にもすべて提出し、一通りの説明を終える見通しを明らかにした。審査会合では、原子力規制庁から再三にわたり「資料の品質レベル向上」を強く求められているが、「ここを正念場と考えている。1カ月で(規制側に)理解いただけるまでレベルを上げる」と強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)