2017年度漁期最後の船凍イカの水揚げ作業。数量は前年並みを確保した=28日午前、八戸港第3魚市場荷さばき所C棟
三戸精品の商品を紹介する三戸町地域商社構築委員会のメンバーたち

 大・中型イカ釣り船による2017年度漁期(17年4月〜18年2月)の八戸港への船凍イカ(スルメイカ、アカイカ)の水揚げが28日、終了した。数量は、不漁のスルメイカが過去10年で最低だったものの、アカイカの豊漁により全体としては前年比0.9%増とほぼ横ばいの1万643トンを確保した。高騰していたスルメイカの相場が落ち着いたため、金額は同15%減の61億1千万円だった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)