東京五輪・パラリンピックのマスコットが決まり、大会本番を心待ちにしている青森市泉川小の児童たち

 2020年東京五輪・パラリンピックの公式マスコットが、市松模様や桜があしらわれた近未来的なキャラクターの「ア」案に決まった28日、投票に参加した県内の小学生から「日本っぽい」「季節感がある」と歓迎の声が上がった。大会を契機に海外から多くの観光客が青森県を訪れてほしいとの声も。「いろんな人と交流するのが楽しみ」。児童たちは2年後の本番を心待ちにしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)