八甲田で樹氷を見ながらスノーシュートレッキングを楽しむ外国人観光客ら

 2017年の青森県の外国人延べ宿泊者数(従業員10人以上の施設対象)は23万9150人で過去最多を記録した。28日、観光庁が発表した統計で明らかになった。前年からの伸び率は67%で全国トップ。県によると、青森空港の国際線拡充のほか、冬季の誘客が全体の伸びにつながったという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)