海自大湊の派遣部隊に感謝の言葉を述べる米軍三沢基地のジョーブ司令官(前列左)=27日午前11時20分すぎ、東北町の小川原湖中央桟橋

 財務省が27日発表した2018年1月の貿易統計によると、17年産国産リンゴの累計輸出金額(17年9月〜18年1月)が99億1697万円に上り、4年連続の「年間輸出金額100億円」達成が確実となった。一方、1月までの累計輸出量は2万5771トン。県国際経済課は今後の輸出が順調に推移すれば、14、15年産に続く「年間輸出量3万トン」の大台突破は期待できるとみている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)