青森県や県産業技術センター農林総合研究所(黒石市)などは26日、同研究所で、県産ブランド米「青天の霹靂(へきれき)」の栽培管理に関する研修会を開いた。同研究所は、数値が低い方がうまいとされるコメのタンパク質含有率について、土壌内の有機物が少ないと、含有率が低下するとの研究成果を発表。有機物の少ない土壌を選ぶことが、霹靂の食味の向上にとって最も重要と指摘した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)