青森県むつ市は27日、使用済み核燃料中間貯蔵施設の立地に関連する新たな国交付金10億円の活用計画を明らかにした。2019~21年度の3年間で市釜臥山スキー場のリフト更新、むつ運動公園陸上競技場のトラック整備などの事業に充てる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)