県旗を手に入場する旗手の安村理菜(野辺地高出、日大)=25日午後、新潟県妙高市の妙高市文化ホール
開始式終了後、役員らとともに健闘を誓う旗手の安村(中央)

 第73回国民体育大会冬季大会「にいがた妙高はね馬国体」は25日、新潟県の妙高市文化ホールで開始式を行い、開幕した。競技は26日から3日間。全国から選手・役員ら1803人が参加、青森県勢は46人の選手が出場し全国の強豪と熱戦を展開する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)