基本設計で示された核融合原型炉プラントの完成予想図(量子科学技術研究開発機構提供)

 核融合発電の実現に向け研究開発を進める量子科学技術研究開発機構(本部・千葉県)は26日、核融合発電の実証実験を行う「原型炉」の基本設計が完成したと発表した。実験に必要なプラントの全体像を描いたもので、今後順調に技術開発が進めば、21世紀中頃までに原型炉の建設が可能であることを示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)