ガラス越しにお菓子の製造工程を見学できる新工場併設の通路「ドリームストリート」を案内する宮沢社長(右端)

 青森県七戸町の「お菓子のみやきん」(宮沢一史社長)が同町笊田(ざるた)の国道4号七戸バイパス沿いに整備してきた新本社・工場「スイーツスタジオ」の落成式が22日、現地で行われた。県内に3カ所あった生産拠点を集約し、製造工程をガラス越しに見学できる通路「ドリームストリート」を併設。今後5年程度をめどに、敷地内にカフェや新店舗の整備も予定し、「見て」「食べて」「買い物もできる」産業観光拠点を目指すとしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)