漁再開の日に備え除雪する漁師。船が出ないため岸の氷は割れずに沖まで続く=東北町

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機による燃料タンク投棄事故で、小川原湖漁協(青森県東北町)の組合員が初の全面禁漁で減収を余儀なくされている。昨年12月に「小川原湖産大和しじみ」として地理的表示保護制度(GI)の対象に登録されて意気上がるときに起きた予想外の出来事。漁業者だけでなく、同漁協の魚市場に登録する仲買人も顧客離れと風評被害を心配している。タンクの回収時期は見通せず、関係者は不安にさいなまれている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)