米軍三沢基地所属のF16戦闘機が青森県東北町の小川原湖に燃料タンク2個を投棄したことを受け、同町の蛯名鉱治町長は21日、エンジントラブルの原因が究明されるまで、F16戦闘機の飛行を停止するよう米軍側に申し入れたことを明らかにした。町長によると、米軍三沢基地のスコット・ジョーブ司令官と20日に面会した際に申し入れた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)