むつ市の夜景の活用を提案する高橋さん(左)と藤川さん

 弘前大学とJR東日本は19日、昨年11月に開講したJR東日本の寄付講義「観光ビッグデータを活用した青森県の観光振興」の最終成果報告会を同大で行った。受講生は、官公庁や企業が公開しているデータに基づき現状を分析、観光戦略を提案した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)