青森県三沢市在住で八戸工業大学教授の小比類巻孝幸氏(53)は18日までの東奥日報紙取材に対し、同大学を3月末で退職することを明らかにした。「三沢を拠点に政治の道へ進むため」としており、来年6月16日の任期満了に伴う三沢市長選か、来年4月に予定される次期県議選へ立候補する可能性がある。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)