第1ピリオド、果敢に攻める中村亜実選手=18日、関東ホッケーセンター

 平昌冬季五輪のアイスホッケー競技で、スマイルジャパンのFWとして奮闘する中村亜実選手(30)=青森県八戸市出身。自他共に認める「ガッツ」の原点には、時間や場所を問わず明け暮れた小学生時代の猛特訓がある。午前4時の真っ暗なリンク、板の上にパウダーをまいた自宅の廊下、地元にそびえる名久井岳−。中村選手は幼い頃の努力を礎に2度目の五輪を戦い、18日は宿敵・スウェーデンを破って念願の2勝目を上げた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)