ねぶたの造形的価値を高めたいと語る竹浪さん

 青森県つがる市の郷土学習講座(NPO法人つがる野文庫の会主催)がこのほど、同市立図書館で開かれ、同市出身のねぶた師竹浪比呂央さん(59)=青森市在住=が「ねぶた師の心『紙と灯りの造形』」と題して講演し、ねぶた制作にかける思いを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。