来年の干支「子」をモチーフにした干支こけし=22日、黒石市の津軽こけし館

 みんなにとっていい年になってネ-。青森県黒石市の津軽こけし館で、2020年の干支(えと)「子(ね)(ネズミ)」の親子をモチーフにしたこけし作りが進んでいる。毎年注文が殺到する人気商品で、津軽系こけし工人の阿保正文さん(36)=同市=が200組以上を制作する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。