除雪車が通過した後に残された道路両脇の寄せ雪。外出などの妨げとなるため、市に苦情が寄せられることも(弘前市提供、2016年度撮影)

 除雪車が通った後に道路脇に残る、重くて硬い「寄せ雪」。青森県弘前市は今冬から、特に高齢者や身体障害者らの住宅前に残された厄介物を、小型除雪機などを使って片付ける実証実験に乗り出す。寄せ雪を巡っては、毎冬、市に多くの苦情や要望が寄せられており、問題解消に向け、町会や民生委員とも連携して効果的な作業のあり方を探る。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。