PTの会議で宮下市長(右)の質問に答える増田氏

 青森県むつ市は20日、同市の使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入される核燃料への新税検討に関し、東京大学公共政策大学院客員教授の増田寛也氏(元総務相、元岩手県知事)から聞き取りを行った。増田氏は、県と市の関係性を尋ねた市側に対し、「県が問題をどう考え、どう動くのかを主体的に表すべき時期にあるのではないか」と答えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)