不漁が続くスルメイカについて水産庁と青森県は13日、資源減少が顕著な太平洋沖で漁を行う漁業者らによるスルメイカ資源の利用に関する検討会を八戸市水産会館で開いた。イカ釣り、底引き網、巻き網の各漁業者が、資源を有効利用するため連携を密にしていくことを確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)