初戦を翌日に控え、パソコンを手にストーンの状態を分析する山口剛史=13日、江陵カーリングセンター

 日本男子が20年ぶりに出場する平昌冬季五輪のカーリング男子は14日から始まる。青森大出の山口剛史(33)=北海道出身=が所属するSC軽井沢クラブ(長野県)は同日、ノルウェーとの初陣を迎える。氷上を掃くスイープに定評のある山口は、13日の練習後、「滑らないと言われるアイスだから、スイープ力を発揮しやすい」と語り、初の五輪に自信をのぞかせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)