青森県りんご対策協議会、県などは13日、県産リンゴの2月以降の販売方針について青果会社と意見交換する「青森りんご販売懇談会」を東京・品川で開いた。京浜関東、東北、新潟、静岡の4地区から約50社の担当者が出席し、リンゴの数量が少なく価格が高めに推移している中でも積極的に販売活動を展開することを確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)