早朝から雪景色が広がり、時折ふぶいた青森市中心部=20日午前7時40分ごろ、同市長島1丁目
駐車場に降った雪を片付ける東北電力三沢電力センターの従業員ら=20日午前8時50分ごろ

 冬型の気圧配置が強まった影響で、青森県内は19日夜から津軽・下北地方を中心に風雪に見舞われ、20日午前には青森市など各地の平野部で時折激しくふぶき、積雪を観測した。今季初めて県内全23観測地点で氷点下を記録し、本格的な冬の到来を告げた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。