在職日数が憲政史上歴代1位となり、記者の質問に答える安倍首相(左端)=20日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は20日、在職日数が第1次内閣を含めた通算で2887日に達し、憲政史上歴代1位となったことを踏まえ、憲法改正やデフレ脱却に取り組む意欲を官邸で記者団に表明した。自民党総裁任期が2年近く残っていると指摘し「デフレからの脱却、少子高齢化への挑戦、戦後外交の総決算、その先には憲法改正もある。チャレンジャーの気持ちで令和の新しい時代をつくる」と強調した。

 長期政権が実現した理由に関し「6回の国政選挙を通じて国民に強く背中を押してもらい、約束した政策を実現するために努力してきた。その積み重ねで今日という日を迎えた」と語った。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む