収穫後、トラックの荷台に積み上げられた長さ1メートルほどの自然薯=19日午後2時ごろ、平川市碇ケ関地区

 粘りが強く、独特の風味が特徴の自然薯(じねんじょ)の収穫が19日、青森県平川市碇ケ関地区で始まり、生産者が土中から掘り起こす作業に追われた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。