クリックで映像が変化する作品「プリーズ・タッチ・ミー」で楽しむ来館者

 青森県の十和田市現代美術館で10日、企画展「ラファエル・ローゼンダール ジェネロシティ 寛容さの美学」が開幕した。来館者は、インターネット・アートの代表的存在であるローゼンダールさんの作品が持つ不思議な面白さに心引かれていた。同展は5月20日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)