黒ごぼうの抗酸化力などを確認した前多准教授。右が、震災復興ブランドとなった「だぶる黒茶」。左が2年前に商品化され、人気が上昇している従来の商品

 弘前大学の研究で抗酸化作用などが確認されている青森県産加工食品「黒ごぼう」を活用して2年前に商品化された飲料「だぶる黒茶」が、コープ東北の震災復興・地域活性化ブランド「古今東北」として、東北地方の生協で今週から販売される。発売以来、じわじわと人気が上昇している同商品が今回、生協販売網に乗ることでさらに売り上げが伸び、青森県産食材のアピールにつながるのでは-と期待されている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。