江陽閣と玉姫グループ青森でつくる企業グループが事業提案書に示したレストラン・宴会場の完成予想図
ゆきわり会が事業提案書に示した生活介護事業所の完成予想図

 青森市は18日、新青森駅周辺の土地区画整理事業に伴う一般保留地について、売れ残っている駅東側の3区画のうち、2区画の売却先が決まったことを明かした。八戸市の冠婚葬祭業「江陽閣」と青森市の「玉姫グループ青森」でつくる企業グループがレストラン・宴会場を、同市の社会福祉法人「ゆきわり会」が生活介護事業所をそれぞれ建設する予定。今回の売却によって同駅周辺の全18区画中17区画が埋まることとなり、市の担当者は「残る1区画の売却に向けて引き続き努力したい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。