青森市を中心とする東青地域5市町村で構成する「青森圏域中枢都市圏構想」で、同市の小野寺晃彦市長は18日、圏域全体の住民サービス向上を目指し、中心的役割を果たす-とした「連携中枢都市宣言」を行った。5市町村は各市町村議会の議決を経て、年内に連携協約を締結。来年3月には、具体的な取り組み内容を示した連携中枢都市圏ビジョンを策定する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。