産学官民の関係者が意見交換したパネルディスカッション

 弘前大学、青森県、弘前市は9日、弘前市のアートホテル弘前シティで「弘前大学COIヘルシーエイジング・イノベーションサミット」を開いた。県内外から産学官の関係者や市民ら約500人が一堂に会し、講演や討議を通じて青森県の短命県脱却や健康寿命延伸について考えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)