風船バレーなどパラスポーツで交流した一高養と青森北高の生徒たち

 青森市の青森第一高等養護学校と青森北高校の生徒が8日、ボッチャや風船バレーボールなどパラスポーツ(障害者スポーツ)を通して交流を深めた。両校のスポーツ交流は6年目。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。