修子さん(左)からリンゴのもぎ方を教わる生徒
中村さんの畑で収穫したリンゴを使い、アップルパイ作りをする生徒

 青森県七戸町かだれ田舎体験協議会と七戸高校は13日、地域の良さを学ぶ体験交流を行った。町内でリンゴ収穫やアップルパイ作りをしながら意見交換した経験を基に、来年度、町内の小学生のガイドを務め、地域の魅力を伝える活動につなげる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。