青森県大鰐町が町有地の町民農園の一部を入札を経ずに、町内の男性に随意契約で売却しようとしていた問題など同農園を巡る問題に関し、町議会は今月6日の臨時会で、地方自治法第100条に基づく調査特別委員会(百条委)を設置した。一連の問題を巡っては町議会が9、10月に議員全員協議会を開いたが、町側が答弁内容を変えたり、曖昧な回答をするなど、不可解な点が多い。関係者に話を聞き、資料の提出を求めることもできる百条委で真相を究明できるのか、町民が注目している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)