マグネットのステージ前に立つ大川さん(左)と高取さん。来年3月、22年半の歴史に幕を閉じる

 青森県弘前市元寺町のライブハウス「Mag-Net(マグネット)」が、建物老朽化により来年3月末で営業を終了する。映画館を改装した約300人収容のフロアは市内随一の広さで、1997年9月のオープン以来、地元のライブ文化をリードしてきた。弘前が生んだロックバンド「人間椅子」との関わりも深い。「ライブを楽しんだお客さんのさっぱりした顔を見ると、やって良かったなと思うんです」。オーナーの大川誠さん(65)は、20年以上の経営に充実感をにじませる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。