地権者の事情などで未設置のまま保管されていた町名標柱を建立する住民有志

 青森市油川地区の住民組織「元気町あぶらかわ街づくり委員会」(木村愼一委員長)が20年以上前から整備を進めている町名標柱17本のうち、地権者の事情などで未設置となっていた「寺町」「下町(しもまち)」「羽白(はじろ)」の3本が17日、住民有志の手で現地に建立された。残る未設置の標柱は「新井田」のみ。関係者は「長い時間をかけて、ようやくここまでこられた。17本全ての設置まであと少しなので、頑張りたい」と喜んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)