青森県ですてきに働くには何が必要かをテーマに意見を出し合ったワークショップ

 青森県や県内の大学などで構成する「青森COC+推進機構」は16日、青森市の「あおもりスタートアップセンター」で、県内の大学生と企業経営者の交流イベント「青森で働くこと、本気と本音の交流会」を開いた。参加者らは企業や学生に求めることや、地元で働く意味などについて熱く語り合った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。