弘前市の民生委員協力員として、見守りなど民生委員の活動を補助している多田さん。12月から民生委員の委嘱を受ける=11月、弘前市

 青森県弘前市と八戸市が、多忙な民生委員をサポートする「協力員」を配置し、民生委員の負担軽減に一定の成果を上げている。協力員の経験を積んだ後に民生委員になるケースもあり、活動の引き継ぎがスムーズにいくというメリットもある。単身高齢者世帯の見守りや、引きこもり、虐待対応など近年、民生委員の活動対象となる事案は多様化・複雑化。制度設置の背景には、多忙を懸念し、民生委員のなり手が少なくなっていることに対する危機感がある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。