青銀が弘前市に寄贈する方向となった旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)

 県や青森空港の関係者でつくる「青森空港活性化検討委員会」(委員長・青山祐治副知事)は6日、県庁で本年度第2回会合を開き、2018年度から5年間の活性化ビジョン案を提示した。新ビジョンでは16年度に109万人だった同空港旅客数を22年度までに130万人とする目標を掲げた。3月の第3回会合で正式に決定する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)