内沼に入り、水中を捜索する米軍関係者

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機による模擬弾落下事故で、米軍は15日、模擬弾の落下場所とみられていた青森県六ケ所村内の牧草地の南側にある「内沼」に範囲を広げて捜索した。米軍関係者が水中に入り磁気を使ったソナーで捜したほか、水中ロボットも導入したが進展はなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)